中国で有名な霊芝|サプリメントを活用して実感する効果

特徴的な二つの成分に注目

錠剤

自然治癒力を高められます

サルノコシカケ科に属するキノコである霊芝には、ミネラル類やβグルカン、ガノデリン酸等体にとって有用な成分が豊富に含まれています。中でも霊芝の特徴的な効果と深く関わっているのが、βグルカンとガノデリン酸です。多糖類の一種であるβグルカンには、体内の免疫機能を活発化させる作用があります。特に影響を及ぼすのは外部から侵入するウイルスや細菌、体内で発生するがん細胞のような体に害を及ぼす異物を捕食する役割を担う、マクロファージと呼ばれる免疫細胞です。この細胞はβグルカンとの結合によって活性化することが知られています。体内の異物を抑え込む働きが強まることにより、自然治癒力を上げられるのが霊芝の一つ目の効果です。二つ目の効果としては、霊芝特有の苦み成分であるガノデリン酸がもたらすアレルギーの改善が挙げられます。ガノデリン酸には異物に反応しアレルギーの症状の元となるigE抗体の過剰発生を抑えるだけでなく、副腎の機能を高める効果もあります。これにより症状の緩和及び体質改善が見込めるというわけです。他にも血流を促して血圧を調整したり、肝臓の働きをサポートする作用もあります。これらの有効成分によって体の状態を良い方向に導いてくれる霊芝ですが、天然のものは大変貴重で滅多に手に入りません。そのため人工栽培されたものを煎じて飲んだり、サプリで摂取するのが一般的です。収穫までの過程で使用された農薬や化学肥料を吸収しやすいというキノコ類共通の性質があるため、無農薬、有機栽培のものを選ぶと良いでしょう。