中国で有名な霊芝|サプリメントを活用して実感する効果

治りづらい病気に作用

ウーマン

身体を正しくしてくれる

霊芝には免疫力を正常化してくれる効果があると言われています。免疫が弱っていれば強くしてくれ、強すぎる時には緩めてくれる役割を果たしてくれます。古くから漢方薬として用いられてきた霊芝ですが、人工栽培がされるまでは貴重なものでめったに手に入れることはできないものでした。現代ではサプリやお茶などに用いられるなど、メジャーなものになっています。免疫力を正しく作用させることは、ガン細胞を増長させないことにもつながります。そして血糖値や血圧なども調整してくれます。その他にも血栓ができるのを防止してくれたり、B型肝炎や高脂血症も改善できるとされています。多糖類であるβグルカン、およびトリテルペンが霊芝の主な有効成分です。抗がん作用があるのはβグルカンです。霊芝はアレルギー反応である花粉症やアトピーも抑えてくれますが、それはトリテルペンによるIgE抗体の抑制効果です。霊芝はこれまでにさまざまな治療実験が行われています。中国ではアレルギーの患者に投与し、高い割合で改善効果を実証しています。膠原病や白血病、不整脈の患者でも改善効果は高く出ています。慢性気管支炎といった患者では半割異常が完全に回復したとの報告もされています。糖尿病ではインスリンなどによる西洋治療よりも、霊芝投与による血糖血の降下作用の方が良かったとされる実験もあります。薬では治りづらく、慢性化しやすい病気にも対抗できるキノコとして、霊芝は注目されています。

錠剤

特徴的な二つの成分に注目

霊芝に含まれる主な成分はβグルカンとガノデリン酸です。これら二つの成分には免疫力の向上によって自然治癒力を高めたり、アレルギー体質を改善させたりする効果があります。更にミネラル類も豊富に含まれているので、体の状態を総合的に整えることもできます。